[百合アズル] 不実で不毛な恋の咬み痕


作者:百合アズル

…ちゃんと言っただろ? 俺の牙は“刺激が強い”とな――

売られた喧嘩は買うのがモットーの瀬那一月は常に敵意むき出しの一匹狼。
そんな一月の前に突如ラークと名乗る吸血鬼が現れる。
「貴様が俺の“食料”か…」といきなり首筋に噛みついた…と思ったら、クソ不味いと地面をのたうち回り――!?

それからも不味いと言いつつも事あるごとに血を吸ってくるラーク。
しかも、吸血鬼の牙には催淫効果があるらしく吸われる度に勃起してしまい…! !

ちょっとおバカな吸血鬼×喧嘩っ早い赤髪ヤンキー
噛み合わないふたりの同居生活は前途多難…?!